蒸気 ストール現象について / 汚泥乾燥, スラリー乾燥, 廃棄物乾燥

蒸気でのストール現象とはスチームトラップ前後の圧力差がなくなりスチームトラップからドレンが排出されずにトラップ以前の配管、熱交換器内にドレンが滞留してしまう現象です。 ストール現象が発生すると例えば熱交換器装置の場合、その装置内にドレンが滞留し下記の現象が起きます。 ・ウォーターハンマー(スチームハンマー)の発生 ・ドレン滞留による腐食、劣化 ・熱交換装置の温度が均一でなくなる。熱交換装置の能力の低下。 では、なぜストール現象が発生するのでしょうか。 蒸気での熱交換後はスチームトラップで温水、ドレンとして排出します。このスチームトラップ自体には吸引あるいは圧送するのではなく、トラップへの入口側、一次側とトラップの排出側、二次側の圧力差を利用して蒸気をドレンとして排出します。そのため、トラップが正常に作動するためには、トラップ一次側の圧力は二次側圧力より高い必要があります。そのため、ドレンの排出の能力は、同じトラップを使用したとしても入口側と排出側の圧力差が大きい程高くなります。逆に、圧力差が0またはマイナスになると、どんなトラップでもドレンが排出できなくなり熱交換装置内にドレンが滞留してしまいます。 例えば、熱交換装置で温度制御弁が使用されている場合は、運転中に入口側と排出側の圧力差が逆転してしまう事があります。蒸気での熱交換装置の温度の制御は蒸気の圧力を調整することにより行ないます。制御により蒸気投入側の圧力が下がって行くに従い、トラップ入口側と排出側の圧力差は減少しドレンが排出されにくくなります。蒸気投入側の圧力が0まで下がると圧力差がなくなりドレンは排出されずに熱交換装置内に滞留します。この状態で蒸気投入側の圧力が上がっていくと装置内に滞留したドレン内へ蒸気が投入されていくことになりウォーターハンマーが発生します。 ストール現象を発生させない対策は下記です。 ・パワートラップや真空ポンプ等で強制的にドレンを排出する。 ・熱交換器とスチームトラップの落差、高さの差をなるべく取る。 ・スチームトラップは、圧力差が少なくても作動するものを選定する。 例としてフロート式、オリフィス式等。       ■...
2018-08-170 DownloadsDownload