どこもできない麦茶粕のアップリサイクル乾燥 / テスト事例 / 麦茶粕乾燥機, アップリサイクル乾燥, ゼロエミッション乾燥

■ どこもできない麦茶粕のアップリサイクル乾燥 / KENKI DRYER

 

麦茶には、様々な種類があり、例えば、六条大麦、二条大麦、はと麦の3種類が歴史的によく使われています。
KENKI DRYER はどんな種類の麦茶粕でも、KENKI DREYR ではいとも簡単に乾燥ができます。低温での乾燥ですので麦茶粕の成分変化が少なくアップリサイクルとして乾燥後の有効利活用が十二分にでき、ゼロエミッション乾燥が可能です。
麦茶粕乾燥機では、麦茶粕麦茶に含まれている糖質の影響で、麦茶粕の乾燥時にはその乾燥機内に付着し目詰まりし排出されなくなります。その影響は低温での乾燥時に如実に表れます。KENKI DRYER は独自の世界特許技術でどんな種類の麦茶粕の低温での乾燥であっても乾燥機内に目詰まりすることなく容易に乾燥ができ乾燥後スムーズに排出されます。

KENKI DEYER は熱源には蒸気を利用していますが、乾燥熱効率が良いため蒸気使用量が少なくて済み、現在ご使用されている蒸気を利用でき、余った蒸気、余剰蒸気を使用すれば燃料費のコストはかからず、乾燥時には乾燥機からは二酸化炭素が排出されず脱炭素乾燥が出来ます。又、乾燥機の本体の羽根の回転数は5RPM以下で非常にゆっくりのため部品の消耗が少なく、メンテナンスが楽で安価で済みます。KENKI DRYER は連続式での乾燥装置で乾燥対象物を貯めて乾燥させるバッチ式ではありません。そのため、運転管理が楽で1日24時間無人運転が可能です。
麦茶に含まれるでんぷん質の影響で麦茶粕は腐敗がしやすいのですが、KENKI DRYER は1日連続24時間連続稼働が可能なため、麦茶製造後の麦茶粕は即座に投入が可能です。

麦茶は、近年健康意識の高まりにより再注目され、市場が急拡大しています。麦茶にはカフェインが含まれていないため、利尿作用がありません。さらに、麦茶にはポリフェノールが含まれており、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。
夏以外の季節においても、麦茶は人気があります。ただ、夏場ほどの需要はないとされています。例えば、2019年の調査によると、夏場に麦茶を飲む割合は88%であったのに対し、冬場には約半数の人が麦茶を飲んでいると回答していますまた、麦茶は温めて飲むこともできるため、冬場には温かい麦茶を飲む人も多いようです。
温かい麦茶は、冬場に飲むと身体を温める効果があります。手軽に作れる方法としては、ティーバッグを使ってレンジで温める方法があります。大きめのマグカップに、ティーバッグを1袋入れ、水200mlを注ぎ、ラップをして電子レンジで2分加熱し、その後1分蒸らします。

麦茶粕は、麦茶を作る際に大麦の種子を湯で煮出して煎じたり、水で浸出して作られる飲料の残りかすですが、麦茶粕は高蛋白植物性資源で、食品リサイクル率の向上や家畜の健康増進効果が期待されています。乾燥させた麦茶粕は、肥料や堆肥、ぼかし肥料として利用することができます。また、麦茶粕にはビタミンCやカテキンなどの美肌効果や抗酸化作用がある成分が含まれており、美容や健康に役立てることもできます。

 

 

 

 

麦茶 充填ライン 1 2023.11.16 KENKI DRYER kenkidryer 麦茶粕乾燥 麦茶粕乾燥機 アップリサイクル乾燥 ゼロエミッション乾燥

 

 

KENKI DRYER 3 2023.11.13 kenkidryer 汚泥乾燥機 汚泥乾燥 脱水汚泥乾燥 脱水汚泥乾燥機 有機汚泥乾燥機 有機汚泥乾燥

 

■ 麦茶の人気の理由

 

麦茶は、健康意識の高まりにより再注目され、また、麦茶の味や香りが好まれることが挙げられます。さらに、ペットボトル麦茶は手軽に飲めるため、外出先やオフィスなどでも気軽に飲むことができる点も人気の一因でしょう。麦茶には、身体を冷やしてくれる働きがあり、夏の火照った身体を冷やしてくれる効果があるとされています。 また、麦茶にはカフェインが含まれていないため、利尿作用がありません。さらに、麦茶にはポリフェノールが含まれており、生活習慣病の予防にも効果が期待できます。

 

■ 麦茶の腐敗の原因

 

麦茶は腐りやすい飲み物です。特に常温保存すると雑菌が繁殖して腐りやすくなります。麦茶が腐ると、まず酸っぱい臭いがします。ペットボトルや水筒に入れた飲みかけの麦茶はとくに腐りやすいです。水出しや煮出しをした麦茶は保存料が入っていないため日持ちしません。腐っていることに気づかず飲んでしまうと体調不良や食中毒を起こします。

 

■ 麦茶粕の腐敗について

 

 

麦茶 充填ライン 2 2023.11.16 KENKI DRYER kenkidryer 麦茶粕乾燥 麦茶粕乾燥機 アップリサイクル乾燥 ゼロエミッション乾燥

熱分解装置 Biogreen コンテナー内設置

 

熱分解装置 Biogreen
火気を一切使用しない国際特許技術の熱分解装置
https://biogreen-jp.com

 

廃プラスチック

 

麦茶 充填ライン 3 2023.11.16 KENKI DRYER kenkidryer 麦茶粕乾燥 麦茶粕乾燥機 アップリサイクル乾燥 ゼロエミッション乾燥

 

 

KENKI DRYER 4 2023.11.13 kenkidryer 汚泥乾燥機 汚泥乾燥 脱水汚泥乾燥 脱水汚泥乾燥機 有機汚泥乾燥機 有機汚泥乾燥

 

 

麦茶 工場 女性 1 2023.11.16 KENKI DRYER kenkidryer 麦茶粕乾燥 麦茶粕乾燥機 アップリサイクル乾燥 ぜロエミッション乾燥

 

 

■ どこもできない麦茶粕のアップリサイクル乾燥 / テスト事例

 

 

■ どこもできない麦茶粕のアップリサイクル乾燥 / テスト結果

 

  • 乾燥物:麦茶粕
  • 乾燥の目的:アップリサイクル。産廃費の削減。産廃量の削減。短期間で機械代回収。
  • 含水率:乾燥前72.3%W.B.、乾燥後7.4%W.B.
  • 乾燥機への要請:乾燥物が付着しやすいため乾燥機内部で詰まらない。成分変化が少ない低温乾燥。24時間無人運転。
  • テスト結果:問題なし。

 

麦茶粕 乾燥前後 2023.11.16 KENKI DRYER kenkidryer 麦茶粕乾燥 麦茶粕乾燥機 アップリサイクル乾燥 ゼロエミッション乾燥

 

■ 麦茶とは


麦茶
(むぎちゃ)は、殻付きのまま焙煎した大麦の種子を、湯で煮出して煎じたり、水で浸出して作った飲料である。麦湯(むぎゆ)ともいう。

日本においては、夏に冷やした麦茶を飲む光景が風物詩となっている。大麦の収穫期は初夏であるため、夏の麦茶は新鮮で味も良い。冬でも温めて飲む場合もあり、加温販売されることを前提としたペットボトル入り麦茶も販売されている。

体温を下げることや、血流を改善する効果が知られている。カフェインが含まれていないため、就寝前や幼児が飲むのにも適している。砂糖や塩を入れて飲むこともある。熱湯で煮出すより、水出しするほうが、抽出に時間がかかるものの雑味が少なくスッキリとした味わいになる。

麦茶の原料となる大麦は、一般に六条大麦が使用されている。六条大麦の国内生産量1位は福井県であり、減反政策に伴う米からの転作奨励によって栽培が広まった[3]

麦茶は名前に「茶」と付くが、チャノキという植物を使用していない。従って、広義の茶(茶外茶)に分類される。

 

出典:Wiki 麦茶

 

■ 高含水率有機廃棄物乾燥 / どこもできない付着物、粘着物の乾燥 国際特許技術

 

国際特許技術を採用している KENKI DRYER は他にはない構造でどこもできない高含水率の付着物・粘着物・固着性や液体状の乾燥物でも乾燥機内部に詰まることなく運転トラブルが全くない安定運転での乾燥ができます。固形物であっても乾燥機内部で粉砕しながら乾燥するためは、乾燥物は小さく砕かれ内部まで十分加熱乾燥され排出されます。
高含水率の有機廃棄物、お茶殻、おから、家畜糞尿、食べ物の残渣・粕、野菜、果物残渣・粕、水産加工物の残渣・粕等様々な物の乾燥は、スムーズにできいずれも安定した品質の製品として乾燥後は排出されます。
熱源には飽和蒸気を使用し、飽和蒸気のみの熱源では他にはない乾燥効率の良い伝導伝熱式と熱風式を組み合わせた画期的な乾燥方式を取りながら低温での乾燥です。低温乾燥ですので高含水率の有機廃棄物であっても成分を変化させずに加熱乾燥することができ、乾燥後は燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等様々な用途に利用でき場合によっては高い価格で販売でき環境への貢献も出来ます。KENKI DRYER は国際特許技術により乾燥対象物の内部まで十二分に乾燥でき、乾燥後は非常に安定した均一な状態で排出されます。
又、高含水率の有機廃棄物は KENKI DRYER で乾燥後は弊社取り扱いの 熱分解装置 Biogreen で熱分解することにより ガス、オイル、バイオ炭製造が可能で、それを利用しガス化発電、蒸気を製造あるいはバイオ炭を燃料、土壌改良剤等として販売する事が可能です。

日本 、米国、台湾、フランス、ドイツ、イギリス、スイス、カナダ 特許取得済

 

廃棄物乾燥

国際特許

 

■ セルフクリーニング Steam Heated Twin Screw technology
SHTS technology)

 

乾燥装置 KENKI DRYER の国際特許技術の一つが Steam Heated Twin Screw technology (SHTS technology)でセルフクリーニング機構です。この機構によりどこもできないどんなに付着、粘着、固着する乾燥対象https://kenkidryer.jp/products/patents/物でも独自の構造で機械内部に詰まることなく乾燥できます。
例えば乾燥対象物が羽根に付着したとしても、その付着物を乾燥機内の左右の羽根が強制的に剥がしながら回転します。どんなに付着、粘着、固着性がある乾燥物でも左右の羽根が剥がしながら回転するため羽根に付着することなく、そして停止することなく羽根は常に回転し続け、剥がし、撹拌、加熱乾燥を繰り返しながら搬送されます。又、常に羽根の表面は更新され綺麗なため羽根よりの熱は遮るものなく乾燥物にいつも直接伝えることができます。どこも乾燥ができない付着、粘着性が強い物あるいは原料スラリー等の液体状に近い状態で投入したとしてもこのテクノロジーで全く問題なく確実に乾燥ができます。このSHTSテクノロジーは約7年以上を経て完成させており国内はもとより海外でも特許を取得、出願しております。

日本、米国、台湾、フランス、ドイツ、イギリス、スイス、カナダ 8ケ国11件特許取得済。

セルフクリ-ニング

■ 熱源 飽和蒸気

 

KENKI DRYERの乾燥の熱源は飽和蒸気のみながら伝導伝熱と熱風併用で他にはない画期的な乾燥方式を取り入れ安全衛生面で優れ、安定した蒸気を熱源とするため乾燥後の乾燥物の品質は均一で安定しています。蒸気圧力は最大0.7MpaGまで使用可能で、乾燥条件により蒸気圧力の変更つまり乾燥温度の調整は簡単に行なえます。飽和蒸気は一般の工場では通常利用されており取り扱いに慣れた手軽な熱源だと言えます。バーナー、高温の熱風を利用する乾燥と比較すると、飽和蒸気はパイプ内を通し熱交換で間接乾燥させる熱源であることから、低温で燃える事はなく安全衛生面、ランニングコスト面で優れています。
飽和蒸気には特有の特徴があります。蒸気圧力の変更に伴い蒸気温度が変わるため、乾燥温度の調整が簡単に行なます。又、凝縮熱、潜熱を利用できるため温水、油等の顕熱利用と比較すると熱量が2~5倍で乾燥に最適な熱源と言えます。
飽和蒸気は乾燥後ドレンとなりますがそれは回収ができ蒸気発生装置ボイラーへの供給温水として利用すれば燃料費等のランニングコストは安価で済みます。
熱源である飽和蒸気の消費量は少ないため、新規にボイラー導入せず工場内余剰蒸気を利用することにより脱炭素、燃料費削減が可能です。

 

熱源 蒸気

 

どこもできない付着物、粘着物及び液体状の乾燥に是非 KENKI DRYER をご検討下さい。
国際特許技術の簡単な構造でイニシャル、ランニング、メンテナンスコストが安価です。
汚泥乾燥では乾燥機械代金を産廃費削減約2、3年での償却を目指しています。
原料スラリー乾燥では箱型棚段乾燥の置き換えで人手がいらず乾燥の労力が大幅に減ります。
有機廃棄物乾燥では燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等へ再資源化リサイクル利用ができます。

 

熱分解装置 Biogreen
火気を一切使用しない国際特許技術の熱分解装置
https://biogreen-jp.com
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp