キャリーオーバとウォーターハンマー(スチームハンマー) / 汚泥乾燥, スラリー乾燥, 廃棄物乾燥

■ キャリ-オーバーとは   ボイラーでのキャリオーバーとは、ボイラから蒸気が発生する過程で、ボイラ内の水が、蒸気と分離されずに混入し送りだされる現象を指します。 このキャリーオーバーにより蒸気で加熱を行っている装置では伝熱能力が低い水が混入することで、蒸気の質が低下し加熱効率が低下します。又、蒸気配管内に水が混入することでウォーターハンマー(スチームハンマー)の発生、熱交換器の腐食などを引き起こします。 対策としては、キャリーオーバーを発生させない事はもちろんですが、蒸気配管中の水分をできる限り取り除くことが重要です。 このキャリーオーバーの発生には、プライミングとフォーミングの二つの要因があります。   プライミング 現象 ボイラー内の水が激しく沸騰し水位が異常に高くなり、水滴が飛び出し蒸気に混入します。 対策 ボイラーの負荷を急激に変化させない。ボイラー内の水位を適正に保つ。 ボイラー立ち上げの際、蒸気バルブをなるべくゆっくりと開ける。あるいは水位が高くなりすぎないようにする等の対策が必要です。   フォーミング 現象 ボイラー内の水中の不純物により水面に泡を生ずる現象です。ボイラー水が高濃縮・高アルカリ時に起きやすい泡立ちの現象です。 対策 ボイラーへ供給する水の監視、あるいは、適正量のボイラーのブロー等の対策が必要です。     ■...
2018-08-070 DownloadsDownload