矢印 赤 乾燥機の開発の変遷

連続ベルトコンベヤ式汚泥乾燥機 1号機 平成17年 2005年
東京都の企業と共同でステンレススチールベルトを使用した「連続ベルトコンベア式汚泥乾燥機」開発開始

平成18年 2006年
熱源蒸気と電気赤外線ヒータ仕様「連続ベルトコンベア式汚泥乾燥機」 1号機を開発、出荷
熱源蒸気のみ 連続ベルトコンベヤ式汚泥乾燥機 2号機 平成19年 2007年
熱源蒸気のみ「連続ベルトコンベア式汚泥乾燥機」2号機を開発、出荷 
連続ベルトコンベヤ乾燥機 3号機  平成21年12月 2009年
乾燥効率をアップさせた熱源蒸気のみ「連続ベルトコンベア式汚泥乾燥機」3号機を開発、出荷
何でも乾くん 平成21年12月 2009年
福岡県森林林業技術センター殿の提案・協力により「木材乾(かわ)くん」開発

平成22年6月 2010年
木材固形物から付着性の強い汚泥まで1台で乾燥できる「何でも乾(かわ)くん」開発、出荷
 KENKI DRYER TSシリーズ 平成23年~24年 2011年~2012年
九州大学と共同研究

平成24年7月 2012年
KENKI DRYER / TSシリーズ完成

平成25年11月 2013年
KENKI DRYER / TSシリーズ出荷
平成29年6月 2017年 KENKI DRYER / TSBシリーズ完成
平成29年9月 2017年 KENKI DRYER /木材チップ専用乾燥機 TSWシリーズ完成