回転乾燥機(ロータリードライヤー)/ 乾燥機比較 / 汚泥乾燥, スラリー乾燥, 廃棄物乾燥

■ 回転乾燥機(ロータリードライヤー)

 

回転乾燥機、ロータリードライヤーとは円筒形のドラム内に乾燥物を投入し、乾燥物へ熱風を当てながら回転する連続式の乾燥機を指します。回転ドラム内はリフタ等が取り付けられ、乾燥物を掻き上げ撹拌を繰り返し、その乾燥物へ熱風を当て乾燥します。回転ドラムの径及び長さは処理量に合わせ製作され、大量処理にも対応が可能です。
一方、付着性、粘着性の強い乾燥物に対してはドラム内に付着しないよう高温加熱が必要で、ドラム内及びダクト内面にレンガ、キャスタ等の耐火、断熱材が施工され、乾燥機内部の温度を上げる運転立ち上げに多くの時間を要します。
この乾燥機で
汚泥等を乾燥させた場合、汚泥内の凝集剤の影響及び回転しながらの加熱のため乾燥物は雪だるまのように塊状になりやすく、乾燥排出後の乾燥物の表面と内部では乾燥の状態が異なる場合があります。他、乾燥物の焼きむら、焦げにも注意が必要です。
又、高温での熱風が熱源のため、バーナー等の直火で熱風を発生させる場合燃料が多量に必要な上、耐火、断熱材を定期的に交換する必要があためランニングコストは高価になります。

 

■ KENKI DRYERとの比較

 

回転乾燥機、ロータリードライヤーの熱源は高温の熱風での対流伝熱乾燥ですが、KENKI DRYER は潜熱利用の飽和蒸気での伝導伝熱乾燥のため、熱効率はKENKI DRYERと比較すると悪い上、燃料費、部品交換等のランニングコストが高価です。
又、回転乾燥機は高温での乾燥のため、KENKI DRYER には必要がない集塵装置の設置が必要です。

 

比較内容 KENKI DRYER 回転乾燥機
ロータリードライヤー
処理量 少~中量 多量
熱源 飽和蒸気 熱風
熱効率 良い 悪い
付着、粘着物 適する 適しない
加熱温度 設置温度に合わせる
約100℃~165℃
かなりの高温
機内に乾燥物が付着しないように
乾燥後の乾燥物の状態 焼きむら、焦げなし 焼きむら、焦げあり
集塵装置 必要なし 必要
燃料費 安価 高価
部品の交換頻度 少ない 多い

 

 

回転乾燥機(ロータリードライヤー)
回転乾燥機 ロータリードライヤー 汚泥乾燥機 kenki dryer 2020.5.24

 

 

乾燥機競合比較 / 付着、粘着物乾燥機の比較 / 有機汚泥乾燥機, 原料乾燥機

 


■ KENKI DRYER 製品の特徴

 

乾燥機 KENKI DRYER には3つの大きな特徴があります。1)乾燥投入物を選ばず、どこもできない付着物、粘着物、固着物及び液体状の原料スラリーの乾燥が確実にでき、2)乾燥後リサイクル再資源あるいは原料利用が十分可能な低温での乾燥、3)そして人を配置する必要がない無人で24時間運転ができる連続式運転方式の大きく3つです。国際特許技術で設計、製作される乾燥機 KENKI DYERは 優れた性能を持ちながら機械の構造は単純なため、壊れにくく交換部品点数は少なくメンテナンスは非常に楽で乾燥機は長持ちし長期間使用できます。汚泥乾燥では産廃費削減での機械代償却期間を約2、3年で想定しており、原料スラリー乾燥では人手が必要で乾燥で苦労される箱型棚段乾燥機の置き換えをお勧めします。又、低温での乾燥のため乾燥対象物の成分は変わらないことからお茶殻・おから・飲食残渣・家畜糞尿等含水率の高い廃棄物は乾燥後再資源化リサイクル活用、有価での販売のご検討は如何でしょうか。

 

製 品

国際特許

 

どこもできない付着物、粘着物及び液体状の乾燥に是非 KENKI DRYER をご検討下さい。
国際特許技術の簡単な構造でイニシャル、ランニング、メンテナンスコストが安価です。
汚泥乾燥では乾燥機械代金を産廃費削減約2、3年での償却を目指しています。
原料スラリー乾燥では箱型棚段乾燥の置き換えで人手がいらず乾燥の労力が大幅に減ります。
有機廃棄物乾燥では燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等へ再資源化リサイクル利用ができます。

 

熱分解装置 Biogreen
火気を一切使用しない国際特許技術の熱分解装置
https://biogreen-jp.com
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp