乾燥機の熱源 / 蒸気とは / 汚泥乾燥, スラリー乾燥, リサイクル乾燥

蒸気 山間部 2017.7.29

乾燥機の熱源 / 蒸気とは
「蒸気」とは一体何でしょうか。通常工場では蒸気を蒸気発生装置、ボイラーで発生させており様々な用途で使用されています。
蒸気は気体です。その気体は蒸気とガスに大別されます。その蒸気とガスとの区別からみると状態が変化する例えば蒸発や凝縮と言った現象が起きる状態に近い気体が蒸気。そして、蒸発、凝縮が起こるには程遠い気体をガスと定義されています。例えばLPガス、天然ガスあるいは最近脚光を浴びているバイオガスはその文字通りガスに当てはまります。
又、水蒸気と蒸気は同意語のように使われますが厳密に言えば水蒸気は蒸気の一部と言えます。又、ガスは理想気体とされますが蒸気は実在気体という用語が使われ性質が複雑です。
弊社乾燥機で使用する蒸気とは水蒸気を指し、水を加熱して発生させた無味、無臭、無色の気体です。乾燥機の熱源として水蒸気を使用する場合、工場での余り蒸気あるいは蒸気タービンよりの排出蒸気を使用すればランニングコストは安価に抑えられます。

蒸気についてはこちらもご参考にご覧下さい。