乾燥水分量の計算

乾燥テスト前にKENKI DRYER の寸法等を確認したい場合は、標準仕様表の乾燥水分量を確認し型式選定を行ないます。この乾燥水分量とは乾燥前後の水分量の差を指し、計算ができます。下記が計算式と計算例です。計算時の含水率は通常 湿量基準 ウェットベース W.B. です。
但し、正式な型式の選定は必ず乾燥テスト後のデータ内容に基づき行ないます。

■ 乾燥水分量の計算
1.乾燥後製品重量 kg/時間=(1-乾燥前原料含水率)× 乾燥前原料重量 kg ÷(1-乾燥後製品含水率)
2.乾燥前原料重量 kg/時間=(1-乾燥後製品含水率)× 乾燥後製品重量 kg ÷(1-乾燥前原料含水率)
3.乾燥水分量 kg / 時間 = 2. 乾燥前原料重量 kg / 時間 - 1. 乾燥後製品重量 kg / 時間


■ 計算例

例) 条件: 乾燥前原料重量 330kg / 時間
乾燥前原料含水率 80%W.B.
乾燥前原料含水率 40%W.B.

 

 1. 乾燥後製品重量 kg / 時間= (1-0.8) × 330 kg ÷ (1-0.4) =110 kg / 時間
 2. 乾燥前原料重量 kg / 時間= (1-0.4) × 110 kg ÷ (1-0.8) = 330 kg / 時間
 3. 乾燥水分量 kg / 時間 = 330 kg / 時間 - 110 kg / 時間= 220 kg / 時間

 

KENKI DRYER ご検討に当たっては先ず乾燥テストをお勧めします。乾燥対象物により乾燥の状況は異なります。同じ種類の原料でも処理される設備、環境等により乾燥前後の状態が同じとは言えません。テスト前に概算価格はご提示できますが、正式には乾燥テスト後にテスト結果データに基づき御見積、外形図、ランニングコスト等のご提案をさせて頂いております。テストは随時受け付けております。過去70種類以上の乾燥テストを行いましたが、引き続き途切れなくご依頼頂いております。テスト金額は有料です。乾燥テストの内容はご要請の乾燥機への条件仕様、テスト条件等に合わせその都度提案させて頂いています。

乾燥テスト

 

どこもできない付着物、粘着物及び液体状の乾燥に是非 KENKI DRYER をご検討下さい。
国際特許技術の簡単な構造でイニシャル、ランニング、メンテナンスコストが安価です。
汚泥乾燥では乾燥機械代金を産廃費約3年での償却を目指しています。
原料スラリー乾燥では箱型棚段乾燥の置き換えで人手がいらず乾燥の労力が大幅に減ります。
有機廃棄物乾燥では燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等へ再資源化リサイクル利用ができます。

 

 熱分解装置 Biogreen  https://biogreen-jp.com
 会社サイト  https://kenki-corporation.jp