凝集加圧浮上法について / 汚泥乾燥, リサイクル乾燥

様々な種類の排水処理の内、凝集沈殿法についてです。これは加圧浮上処理を利用した方法です。

■ 凝集加圧浮上法
凝集反応槽の汚水中に凝集剤を入れ攪拌し汚水内の汚濁物質、浮遊物質を凝集し、フロックを作ります。加圧タンクでは圧縮空気を処理水に溶解させ微細な泡を発生させます。その微細な泡を加圧浮上槽で利用します。その泡は加圧浮上槽では大気解放することで汚濁物質、浮遊物質のフロックに付着し、フロックは水面へと浮上します。浮上したフロックは汚泥(スカムあるいはフロス)と呼ばれ汚掻寄機等にによって分離され、下部の水は処理水として排出されます。水と分離された汚泥(スカムあるいはフロス)は回収され脱水処理され処分され、処理水の一部は加圧タンクへ運ばれ微細な泡を発生させます。
他の処理法では除去が難しい、水より比重が軽い油類等での固液分離でよく使用されます。

スカム(sucm)とは WIKIより
「排水口または排水溝にできた汚水の汚泥、貯留槽、浄化槽の腐敗槽などで発生するガスによってできる分厚い層のようなものであり、細菌、大腸菌、尿素分解菌、懸濁物質、繊維質、油脂質、炭酸ガスが浮遊物とともに浮上して、気泡がスポンジ質の厚い膜状になったもの。」

 

凝集加圧浮上法 排水処理 汚泥乾燥機 KENKI FRYER 2018.3.12

 

加圧浮上処理について / 汚泥乾燥, リサイクル乾燥

汚泥乾燥

セルフクリ-ニング

 

どこもできない付着物、粘着物及び液体状の乾燥に是非 KENKI DRYER をご検討下さい。
国際特許技術の簡単な構造でイニシャル、ランニング、メンテナンスコストが安価です。
汚泥乾燥では乾燥機械代金を産廃費削減約2、3年での償却を目指しています。
原料スラリー乾燥では箱型棚段乾燥の置き換えで人手がいらず乾燥の労力が大幅に減ります。
有機廃棄物乾燥では燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等へ再資源化リサイクル利用ができます。

 

熱分解装置 Biogreen
火気を一切使用しない国際特許技術の熱分解装置
https://biogreen-jp.com
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp