回転円盤法について・生物膜法 / 汚泥乾燥, リサイクル乾燥

様々な種類がある排水処理方法の内、3種類ある生物膜法の中で回転円盤法についてです。

■ 回転円盤法
回転円盤法とは回転する円盤の一部を汚水と外気に触れさせることによって、円盤の表面に微生物の膜、生物膜を作り汚水の有機分を分解させ排水を浄化する方法です。回転生物膜法とも呼ばれます。
プラスチック製の円盤を約40%汚水に浸し回転させます。回転すると円盤表面に微生物、生物膜ができます。生物膜は空気中から酸素を吸収し、汚水からは汚濁成分、有機物を吸着し好気性の酸化により分解し汚水を浄化します。この間、新しい微生物が増殖を続ける一方、古い微生物は活動が鈍ったものから脱落、剥離します。脱落、剥離された微生物は余剰汚泥として引き抜かれ汚泥沈殿槽そして消毒設備を経て外部へ放流されます。一方、余剰汚泥は濃縮、脱水工程を経て何らかの処理がされます。
ばっ気、エアレーションを行なわないため風量調整が必要なブロワの設置が無く、活性汚泥法に必要な返送汚泥も無いため、高度な運転管理技術や専門的な知識が無くても、容易に運転管理ができます。小規模の排水処理場で採用される場合が多いです。

 

回転円盤法 生物膜法 排水処理 汚泥乾燥 KENKI DRYER 2018.2.27

 


汚泥乾燥
汚泥濃縮槽で濃縮された汚泥は脱水工程で、ある程度水分を取り除きます。しかし、含水率は通常80%W.B.以上あり汚泥そのものは付着性、粘着性が強く、脱水工程で使用される凝集剤の影響もありその後の処理が容易ではありません。
弊社の国際特許技術の乾燥機 KENKI DRYER はどこもできない付着性、粘着性、固着性が強い汚泥あるいはスラリー液体状のものまで機内に詰まることなく確実に乾燥ができます。しかも構造が簡単なため安価で、乾燥機械代金は産廃削減費用2、3年程度での償却が可能です。又、低温乾燥のため乾燥物の成分が変化せず燃料、菌体肥料、土壌改良剤等へのリサイクルが可能です。その他 熱分解装置とのシステムでのアプリケーションもあります。

 

汚泥乾燥

アプリケーション

 

どこもできない付着物、粘着物及び液体状の乾燥に是非 KENKI DRYER をご検討下さい。
国際特許技術の簡単な構造でイニシャル、ランニング、メンテナンスコストが安価です。
汚泥乾燥では乾燥機械代金を産廃費削減約2、3年での償却を目指しています。
原料スラリー乾燥では箱型棚段乾燥の置き換えで人手がいらず乾燥の労力が大幅に減ります。
有機廃棄物乾燥では燃料、肥料、土壌改良剤、飼料等へ再資源化リサイクル利用ができます。

 

熱分解装置 Biogreen
火気を一切使用しない国際特許技術の熱分解装置
https://biogreen-jp.com
会社サイト
もう悩みません。コンベヤ、産業環境機械機器
https://kenki-corporation.jp